読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊の食レポ・おすすめのレストラン♪

韓国産まれ育ち、埼玉在住、都内勤務。 日本在住9年目のフードアナリスト、タベアルキスト。 趣味はレストラン、スイーツなどの食べ歩き、ミュージカル観劇、乗馬、セルフジェルネイル♪ 大のアイス好き、甘党です♡ 都内を中心にイタリアン・フレンチ・和食・トルコ・スペイン・ベトナム・タイ料理など、美味しいとこなら、どこでもなんでも好き♪ 食べ歩きを中心に韓国レストラン情報、日常の色々なことを書いて行きます♪

【札幌/フレンチ】札幌で出逢った感動のフレンチ「ミヤヴィ(MiYa-Vie)」

>

f:id:eunsil:20170412090953j:image

先日の冬の札幌旅行で出会った素敵なレストランを紹介したいと思います!

 

横須賀シェフのフレンチレストラン「ミヤヴィ(MiYa-Vie)」。

本当感動のフレンチでした♡

 

内装は白系のシンプルな感じ。

 f:id:eunsil:20170412091145j:image

f:id:eunsil:20170412091201j:image

 

f:id:eunsil:20170412091245j:image

席に案内されてテーブルに置いてある案内文には、「自分が日本人であること」、「ここが日本であること」を大事にしている横須賀シェフの想いとそのお料理ごとへの想いが綴られていました。

f:id:eunsil:20170412091329j:image
一つのお料理を創るとき、どれだけ悩んでどれだけ心を込めているかがしみじみと伝わってきて、食べる前から感動。とても楽しみになってきました。

 

今日もお一人ランチスタート♪

f:id:eunsil:20170412091349j:image

 

・プティブシェ

f:id:eunsil:20170412091444j:image
レンズ豆、フロマージュブランと鶉の卵、黒糖と酸味をアクセントに

 

・MiYa-Vieのシンボルマークから、

f:id:eunsil:20170412091503j:image
葉野菜、実野菜、根野菜を海の香りでつつみ

 

・アワビ、ローストした柿

f:id:eunsil:20170412091521j:image
網焼きにした原木椎茸とそのクリーム、ルッコラ、フランス産秋トリュフ

 

・菊芋のクリームに浮かべた帆立貝、

f:id:eunsil:20170412091533j:image
湯葉、アンディブと梨

 

・真鱈の蒸し焼き、バターの香りで包んだ数種の大根、牛筋、山わさびとレモンのコンフィ

f:id:eunsil:20170412091601j:image

 

・サラダ菜とユリネのフラン、キンキ、そば米のロースト

f:id:eunsil:20170412091621j:image

 

・蝦夷鹿腿肉のロースト、牛蒡のピューレ、干し柿、ナバナとトレヴィスの苦み

f:id:eunsil:20170412091643j:image

 

・栗のクリームを包んだミヤヴィ風蒸しケーキ、ヘーゼルナッツ、柚子の冷たいスープ、洋ナシのコンポートと、フレッシュなシャーベット

f:id:eunsil:20170412091659j:image

 

・ミニャルディーズ

ミルクようかん

f:id:eunsil:20170412091732j:image
さつま芋のパウンドケーキ

f:id:eunsil:20170412091810j:image

 さすがに一人でパウンドケーキ丸々一本は厳しかったので、こちらはお持ち帰り用に。

綺麗に包んでくださいます♪

f:id:eunsil:20170412092139j:image

 

・ハーブティー

 f:id:eunsil:20170412091713j:image

 

すごい美味しかったここのパンは3種類の粉を混ぜ合わせて、ルヴァンという天然酵母を使い仕上げています。

f:id:eunsil:20170412091834j:image

f:id:eunsil:20170412091847j:image

買って帰りたいぐらい美味しかった!

事前に注文しとけばパンのテイクアウトも可能だそうですよ♪

 

自家製の苺のシュワシュワドリンクも美味しかった♡

f:id:eunsil:20170412092339j:image

 

一番印象に残ったのは、本来鯖だったのをアワビに変更したお皿。


原木椎茸のクリーム状のソースにローストした柿は甘みと独特な風味が絶品です。茸秋トリュフとルッコラをアクセントになりました。
アワビから椎茸、ローストした柿、トリュフとルッコラまで、最初から最後まで香りを楽しめる素晴らしい一皿。

全体的に繊細で香りを大事にしていて、感受性豊かなお料理でした。
日本人特有の感性と独自性を投影させた素晴らしいフレンチでした。


メニューは基本年に4回、季節ごとに変わるそうです。
また春にはまたどんなお皿をいただけるでしょう。

次が楽しみになる、春の香りと季節感を期待しています。

 

札幌に行かれる際には是非立ち寄ってみてください!

 

ミヤヴィ(MiYa-Vie)
011-532-6532
北海道札幌市中央区南6条西23丁目4-23 アールブラン1F
http://www.miya-vie.jp/

 

⬇︎この記事が気に入った方はポチッと


にほんブログ村